静岡県伊豆市には地元で定番の飴「出口の黒玉」が有ります。

ニッキを使った玉型に仕上げた練り飴で、微妙に柔らかいのでうっかり噛みたく成ります。

微妙に柔らかいとは歯に付くんですね、昔知人がソレをやり差し歯が取れ、憎っくき出口の黒玉、と言ってました。

まあ自業自得ナンですがね、どれだけ力を入れて噛んだんだ?

そんな言われも無い罪を1ユーザーに着せられた黒玉に、最近十数年振りに実家に向かう途中のスーパーで遭遇。

あら懐かしや、買っていきましょうね。

袋を開いて中を見ると、内容は十数年前と変わっていました。

一つずつ両端ねじりで包んで有ったのが袋包装に、そしてサイズが小さく成っているのです。

うーむ、時代ですね。

以前の大きいサイズでは持て余す、甘味に対して昔ほど固執しない現在ですから丁度良い大きさに成ったと成りましょう。

うっかり噛んで危険な飴の代表はミルキーですね。

何だかミルキーが小さい訳が解る様な気がして来ましたが、大人と子供の口内範囲差ですと、キョロちゃんでも取れますよ詰歯は。